関西たばこ国民健康保険組合

文字サイズ

TOP > たばこ国保について > 高齢受給者証

高齢受給者証について

70歳〜74歳の方に、「国民健康保険高齢受給者証」(高齢受給者証)を交付します。
医療機関で保険診療を受けるときは、保険証と高齢受給者証の両方を提示してください。

( プラスチックカード )
(プラスチックカード)

  • イメージ画像のため、実物とは異なります。

交付対象となる方

70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方は当月)から75歳の誕生日の前日までの方に交付します。
ただし、障害認定を受けて後期高齢者[長寿]医療制度へ移行された方は含まれません。

交付手続き

交付手続きが必要な方には、当国保組合からご案内の文書をお送りします。
手続きには住民税の証明書が必要です。普通徴収の方は、毎年6月ごろに市町村から送られる納税通知書を保管しておいてください(非課税の方には送付していない市町村もあります)。

医療機関へ支払う自己負担の割合

平成30年8月から
区分 判定基準 自己負担割合
非課税世帯T 世帯全員が住民税非課税で、世帯全員の各所得が0円の方 2割
非課税世帯U 世帯全員が住民税非課税で、非課税世帯Tに該当しない方
一般所得世帯 非課税世帯T、非課税世帯U、現役並所得世帯に該当しない方
現役並T
課税所得145万円以上
380万円未満

現役並U
課税所得380万円以上
690万円未満

現役並V
課税所得690万円以上
住民税の課税所得が145万円以上の方、およびその方と同一世帯に属する方

ただし、70歳〜74歳の方の収入合計が、
  • ・70歳〜74歳の方が一人の場合は383万円未満
  • ・70歳〜74歳の方が複数の場合は520万円未満
の方は、一般所得世帯になります
3割※1
  • ※1総所得金額等から基礎控除33万円控除後の所得の合計額が210万円以下(昭和20年1月2日以降誕生被保険者の属する世帯の70歳〜74歳の被保険者)の方は、一般所得世帯になります。
  • 注. 判定基準となる住民税の証明書は、診療年月によって異なります。
    • 平成30年8月診療〜令和元年7月診療…平成30年度証明書(平成29年中所得)
    • 令和元年8月診療〜令和2年7月診療…平成31(令和元)年度証明書(平成30年中所得)

高齢受給者証の紛失・再交付について

高齢受給者証の紛失や、破損・汚損をした場合は、再交付申請書の提出により再交付します。

  • 注. 破損や汚損をした場合は、再交付申請書にその高齢受給者証を添えて、当国保組合へ提出してください。
  • 注. 再交付後に紛失した高齢受給者証が見つかった場合は、先に交付されていた高齢受給者証を当国保組合に返還し、再交付分の高齢受給者証を引き続きご使用ください。

関西たばこ国民健康保険組合

電話番号 06-6633-2000/06-6633-2010

ページの先頭へ