関西たばこ国民健康保険組合

文字サイズ

TOP > 保健事業について > 脳ドックの補助

脳ドックの補助

下記の要領で実施しますので、ご利用ください。

脳ドックの補助について

対象医療機関:
  1. 契約健診機関での健診時のオプション検査。
    差額を健診機関でお支払いください(申請書類は必要ありません)。
  2. 上記以外での受診(必ず前もって申請書を当国保組合へ請求してください)。
    医療機関等で全額お支払いください。申請に基づき補助額を支給します。
対象者:

40歳以上75歳未満の被保険者。
75歳の誕生日の前日までの受診に限ります。

補助回数:

3年に1度(年度単位)。

補助額:

上限3万円です。
脳ドック費用が3万円に満たない場合は、その額までの支給となります。

申請書類:
  1. MRI(脳の3次元撮影)とMRA(血管の3次元撮影)の両方を受診したことがわかる結果表の写し、または医療機関等の証明印。
  2. 保険診療外で脳ドック標記の、受診者個人名の領収書の原本。
  3. 脳ドック補助金支給申請書。
    上記書類がそろわない場合は、支給できません。
健診との合算:

契約健診機関で、健診時のオプション検査のみ合算できます。
ただし、当国保組合に連絡せずに受診された場合は、合算できませんのでご注意ください。

脳ドック受診の注意点

  1. 心臓ペースメーカーを埋め込まれている方
  2. 金属製の人工心臓弁を使用されている方
  3. 人工内耳、人工耳小骨を使用されている方
  4. 神経刺激装置を使用されている方
  5. 除細動装置を使用されている方
  6. 骨成長刺激装置を使用されている方
  7. 注入ポンプ等を使用されている方
  8. 磁力により装着する義眼や磁力部分が着脱不能な義歯を使用されている方
  9. 狭心症・心筋梗塞でステントを使用されている方
  10. 脳動脈瘤手術により塞栓コイルや金属クリップを使用されている方
  11. 骨折などの手術で、金属が骨の中に入っている方
  12. 職業や事故などで金属粉が眼球内に入っている可能性がある方
  13. 閉所恐怖症の方
  14. 刺青のある方
  15. 妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方

MRI検査は非常に強い磁場とRFパルスと呼ばれる高周波を使用しますので、装着金属によっては検査を実施できない場合があります。上記に該当する方は、脳ドックの検査が受けられない場合がありますので、受診される医療機関等でご確認をお願いします。

関西たばこ国民健康保険組合

電話番号 06-6633-2000/06-6633-2010

ページの先頭へ